ヒールをよく履く女性にとって、ヒールのかかとゴムの摩耗は避けては通れません。ゴムが摩耗してしまうと、歩く度に音が出るようになり、不快な気持ちになってしまいます。そうなると買い替えを考える人が多いのですが、実はかかとゴムは靴修理に出せば簡単に直すことができるのです。お気に入りのヒールを処分せずに修理することができますので、ぜひ試してみてください。

 

靴修理専門店に依頼する場合

かかとゴムがすり減って音がするようになったら、靴修理専門店に依頼して交換してもらいましょう。ヒールのかかとゴムを交換してもらう場合、細いヒールなら500円~1000円程度で直すことが可能です。また交換する際、素材を変更することも可能なのです。例えば、細いヒールの場合、ちょっとしたことで滑ってしまったり衝撃を受けてしまうことがありますが、そのようなトラブルを回避する滑りにくい素材もあります。これは専門店で相談すると教えてくれるのですが、かかとゴムの素材を変えるだけで足への負担も軽減されるそうです。素材によって修理費用は変わってきますが、スタンダードなタイプで両足1500円程度、衝撃緩和や静音に優れているもので1500円~2000円以内で交換することができます。女性のヒールの場合、かかとゴムの摩耗を放っておくと金属部分が出てきてしまいますので、そうなる前に専門店で相談してみてください。

また、紳士靴のかかとゴムも交換することができます。放っておいてしまうと靴の土台を傷つけてしていますので、摩耗してきたと感じたら交換をお願いしてみましょう。こちらも素材変更が可能で、ビジネスシューズに最適なクッション性の高いものもあります。靴底全体が一体になっている靴でもかかと部分の修理は可能ですので、まずは専門店に持ち込みどのような修理ができるのか聞いてみましょう。紳士靴の場合は、ラバーの張替で2500円~3000円ぐらいと言われています。

 

自分でも修理ができる?

ニッパー靴修理専門店に持ち込むのが大変な場合、自分でも修理することができます。ただし、全ての靴に対してできるものではないので注意しましょう。これはピンヒールなどかかとゴムが小さい部分の靴に対してできる方法なのですが、ネットショッピングなどでこのかかとゴム部分が販売されていますので、まずはそれを購入してください。3足分ぐらいの修理キットが入って、500円程度で購入することができますので、靴修理専門店に出すよりも安い値段で修理することができるでしょう

まず、修理する前にピンヒールのかかとゴムを引き抜くのですが、ニッパーなどを使用すると楽に外すことができるでしょう。金属部分だけになったら、さらに軸の部分を抜きます。この作業はてこの原理を使用すると簡単です。かかとゴムと軸部分を外したら、次は購入したかかとゴムをセットしていきます。軸部分を刺さっていた場所に入れ込み、ハンマーなどを使用して埋め込んでいきましょう。これで修理は終了です。どちらか片方だけを交換してしまうとバランスが悪くなり、足に負担が掛かってしまいますので、交換する際は両足に対して行うことが大切です。また、かかとゴムのサイズも展開されていますので、自分で直してみたいという人はサイズを測ってから同じようなサイズのものを選ぶようにしましょう。

紳士靴もかかとゴムを販売していますので、自分で直したいという人はチャレンジしてみてください。ネットショッピングでは1000円程度で販売しています。ただし、特殊なかかとゴムの場合は自分で交換することができませんので、専門店に持ち込んで修理してもらうことをおすすめします。

 

100円ショップでも販売している

靴修理グッズは100円ショップでも多数販売されています。その中でもかかとゴムは人気商品。自分で簡単に交換できる上に、低料金で修理することができるのが魅力と言えるでしょう。

ただし、この商品は靴のサイズに合っていない場合も多く、自分で調整しなければいけません。その方法は簡単で、穴部分が軸よりも大きい場合にはボール紙や輪ゴムなどを軸に巻き付けて調整して埋め込みます。この調整がうまくいかないとすぐに外れてしまいますので、しっかりサイズに合った状態にしてから埋め込むようにしてください。100円ショップのものだからすぐに外れるだろうと思いますが、しっかり固定されていれば問題なく使用することができるでしょう。ただ、見た目的な部分でちょっと不格好になってしまうのが難点。靴のヒール部分に合わせて自分でゴムをカットする必要があるのですが、埋め込んだ後にカットすると上手くいきます。2足分の部品が入っていますので失敗したらやり直すことをおすすめします。かかとゴムがあるかないかで足の負担はかなり変わりますので、応急処置的に利用することができるのも100円ショップならではの魅力と言えます

 

かかとゴムに着目

靴のかかとゴムの摩耗の仕方は人によって大きく違います。かかとゴムに着目してみるとわかるのですが、内側だけが摩耗している人や外側だけが摩耗している人など、ゴムの状態を見るだけで歩き方のクセまでわかると言われています。人それぞれ歩き方が違うので、負担になる部分も異なってきます。よくかかとゴムが減るという人は、歩き方にクセがあるのかもしれません。クセによっては、足に負担のかかることもありますので、正しい歩き方を意識することが大切です。内股やガニ股などクセが強すぎると足の変形にも繋がりますし、健康にも影響すると言われています。かかとゴム一つでもどちらに比重があるのか見る目安になりますので、定期的に靴を裏返して確認してみましょう。

また、かかとゴムが減り、金属が出たとしても靴の状態が良いのであれば修理することをおすすめします。自分で修理することも簡単にできますし、専門店で修理してもそこまでかかりません。足の健康の為にも放置せずに修理してください。お気に入りの靴をずっと履き続けられるようにしっかりメンテナンスしましょう。

 

かかとゴムの摩耗は簡単に交換することができる

ヒールの金属部分が出てきた時やカツカツと歩く度に鳴るようになったら、かかとゴムを交換しましょう。靴修理専門店に出せば交換してもらうことができます。また、自分で交換するのも難しくありません。ネットショッピングや100円ショップで安価でかかとゴムを購入することができますので、チャレンジしてみてください。

【参考サイト】靴専科 │ 靴修理取扱サイト

**関連記事**

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket